• MH協会について
  • 講演会・見学会
  • 講座
  • 海外交流
  • 顕彰制度
  • 入会案内

協会機関誌「MHジャーナル」

MHジャーナルとは

協会のMH専門誌として、会員メーカー企業の導入事例、ユーザー動向、技術情報、また内外のMH情報等、最新のトレンドを収録する『MHジャーナル』を年2回発行し、会員に無料で配布しております。

|MHジャーナル最新号

2020 Jan. No.284(新春号)発刊
≪特集≫物流効率化に向けた標準化の重要性
  • 年頭所感

    新年のご挨拶

  • 特集

    物流効率化に向けた標準化の重要性

    • *物流効率化に向けたGS1標準の活用
    • *物流危機に待ったなし! 物流情報の標準化で持続可能な物流を目指す
    • *農産物の一貫パレチゼーションに向けた取組、課題、今後の展望
    • *物流現場における標準化の重要性について

    • 特別寄稿
    • *台湾eコマース最大手の新拠点が稼働―人手作業を30%以上削減し、労働力不足に対応―

  • 米国マテハン専門誌抄訳 Vol.72
  • JMHSニュース
  • 発 行:
    年2回
  • 定 価:
    2,000円(一冊)
  • 発行人:
    越野 滋夫
  • 編集人:
    太田 伸男
  • 発行人:
    日本MH協会

  • 本誌では、投稿・広告掲載を歓迎致します。ご希望の方は、下記までご連絡ください。
  • お問合せ:
    日本マテリアル・ハンドリング(MH)協会 太田まで
    〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1
    TEL:03-3543-9335 FAX:03-3543-8970

購読希望の方はこちら(メールでのお申込み)

|バックナンバー

2019年発行

  • No.283
    No.283
    明日から使える!物流センターへのマテハン導入提案の手引き
    目次を見る
    • 第1章 総論
    • 第2章 ハードウェアの面からみた最適なマテハン導入を提案する際のポイント
    • 第3章「MHシステム」連携を考慮したWMSシステム構築のポイント
    • 第4章 物流コストと物流投資
    • 第5章 提案事例紹介
  • No.280
    No.282
    [マテハン 人手不足 解消][検索]
    目次を見る
    • ●すき間のない“ぴったりサイズ” の段ボール梱包で、人手不足解消!
      『BOX ON DEMAND システム』・『TXP-600』
    • ●プラントにおけるドローン活用の展望と課題
      〜アイ・ロボティクスの取組み事例紹介〜
    • ●人と一緒に働くヒト型ロボットNEXTAGEによる自動化アプローチ
    • ●ロボットらしくないロボットでIoT化・自動化を実現
      〜人手不足問題解消の鍵はモジュール式マテハンシステムにあり〜
    • ●物流の“自動化という未来”
      マジックラック®が変える物流現場の未来
    • ●高層ピッキング作業台車と自動搬送シャトル
      〜これまでにない物流現場改善ツール〜
    • ●「ロボティクス・マテハンR」製品のご紹介

2018年発行

  • No.281
    No.281
    人手不足問題の解決・人材確保に向けた各事業者の取り組み事例
    目次を見る
    • ●物流効率化に向けて日清食品がパレット輸送を本格化
    • ●株式会社ドームが実現する物流センター人材確保に向けた取り組み
    • ●シグマグループ物流部門の人材確保に向けた取り組み
    • ●ギークプラスが進める次世代MH革命
      〜これからの時代のロボット活用法とビジネスについて〜
  • No.280
    No.280
    物流の生産性向上と労働力・環境改善に向けた荷主と物流事業者の取組み
    目次を見る
    • ●物流における企業連携による生産性向上、労働条件改善に向けた取り組み
    • ●段ボール工場における自動倉庫ならびに無人搬送車の導入による効果
    • ●【カスミ】小売と物流企業のアライアンス戦略
      WINの循環型改善推進とTC型SCMとは
    • ●物流の生産性向上と労働力・環境改善に向けた荷主と物流事業者の取り組み
    • ●物流に於ける生産性向上とは(輸送改善の取り組み)

2017年発行

  • No.279
    No.279
    BCPの観点から見たMH設備の保守・更新の重要性
    目次を見る
    • ●ユーザー視点から見たMH設備の保守・更新の重要性
    • ●BCPの観点から見たMH設備の保守・更新の重要性
      「建築設計及び施工の立場から見たMH設備の保守・更新と取り組み方」
    • ●物流センターにおいて求められるBCP対策
      ─「災害後に現場で人が活動を続けられる」ための対策とは─
    • ●マテハン設備のリニューアル
    • ●物流センターマテハン設備の保守点検とリニューアルの重要性
      ─ 物流センターにおけるBCP対策の具体例 ─
  • No.278
    No.278
    自動搬送、ピッキングの最新事例
    目次を見る
    • ●ピッキング作業を合理化する 小型低床式無人搬送車Racrewの適用性
    • ●自立型搬送ロボットの活躍
    • ●「ZMPが考える物流支援ロボットCarriRo(キャリロ)を活用した新しい物流のかたち」
    • ●ロジスティクスの効率化と可視化を実現するIoT
    • ●PTG(Person to Goods)代表例の1つであるSMS(ストレージ&ムービング・システム)の特徴と活用事例について
    • ●自動車工場の部品物流を効率化する一時保管・仕分けシステム

MHジャーナルはPDFでバックナンバーのダウンロード・閲覧が可能(初期登録無料)です。
MH情報の取得にお役立てください。
※MHジャーナルの発刊時点より、社名が変更している場合がございますがご了承ください

PDFで閲覧する(登録・閲覧無料)

当協会にご入会いただくと、MHジャーナルを無料で配布(年二回)いたします。
そのほか会員限定のサービスもございますので、ぜひご入会ください。

入会を希望される方はこちら